子宮筋腫の治療|女性特有の悩みをしっかり解決しよう

妊婦が摂取すべき栄養素

女医

妊婦さんの身体の中には、新しい命が宿っています。つまりもうひとりの身体ではないのです。妊婦さんが口にする栄養は母胎の命の栄養にもなります。そのため妊娠期間中は、小さな命のことを考えた食事を心がけましょう。コチラでは妊婦さんに必要な栄養素についてご紹介していきます。食べるという生きる上で普遍的な行動について今一度考えてみましょう。

妊娠中に必要な栄養素としては葉酸や亜鉛、鉄分などがあります。葉酸には水溶性のビタミンB群の一種で、細胞の生産には不可欠な栄養素です。葉酸は胎児の脳の成長に大きな影響を与えます。妊娠中に葉酸が不足すると神経管閉鎖障害という先天的な以上が胎児に発症してしまう可能性があります。亜鉛は骨や皮膚の生産をサポートする栄養分ですが、亜鉛が不足してしまうと妊婦さんの免疫力低下の原因になります。妊娠時には1日に13㎎程を摂取するように心がけましょう。鉄分に関しては血液の生成に大きく関与するものなので、積極的に摂取した方が良いでしょう。胎児の成長に多くの鉄分が必要なため、自分では必要量の鉄分を摂取しているつもりでも、慢性的に不足している妊婦さんは意外にも多いのです。鉄分が不足すると貧血状態に陥り、動機や息切れの原因となります。

以上が妊婦さんにぜひ積極的に摂取していただきたい栄養素となります。必要な栄養素と言っても、これだけに偏るのではなく、5大栄養素を中心に、栄養バランスの取れた食生活を過ごしましょう。